10月ストレッチ教室スタートキャンペーン!参加者募集中!

胸を開いて猫背予防しよう。仰向けにねて行う胸の筋肉(大胸筋)のストレッチ

スポンサーリンク
胸(大胸筋)のストレッチの方法一覧

寝て行う大胸筋のストレッチ

ストレッチの強度

こんな人におすすめ
肩の柔軟性向上,  深い呼吸,  猫背改善

仰向けにねて行う胸(大胸筋)のストレッチの方法

1. 横向きにねる

胸を開いて猫背予防ストレッチ

左膝を床の方に近づけて横向きになってください。

2. 左腕を床の方へ降ろす

胸を開いて猫背予防ストレッチ

左腕を床の方へ降ろしてください。

3. 胸〜肩の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

胸を開いて猫背予防ストレッチ

胸〜肩の筋肉(大胸筋)が伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

バリエーション

腕の角度を斜め上の方にすると、大胸筋下部(わきの下あたり)が、腕の角度を上にすると広背筋(背中)がストレッチされます。

胸を開いて猫背予防ストレッチ

胸を開いて猫背予防ストレッチ

POINT

  • 肩甲骨を背中の真ん中に寄せて胸を張りましょう。
  • 体を捻った姿勢で腰に違和感が出るときは、両膝を曲げた横向き姿勢でストレッチしてください。

NG

  • 肩や腰に違和感、痛みが出る場合は中止しましょう。

胸(大胸筋)のストレッチで意識する動作

腕が胸の後ろに伸びる動作(肩関節の水平伸展)

腕が胸の後ろに伸びる動作(肩関節の水平伸展)

大胸筋(だいきょうきん)の解剖学

他の寝ながらできるストレッチの方法

他の胸(大胸筋)のストレッチの方法

\ 詳しくはイラストをクリック! /

四つ這いで行う大胸筋のストレッチ
フォームローラーの使い方【大胸筋】
大胸筋のストレッチ