腹筋のストレッチの方法

ストレッチの方法

腹筋のストレッチ
腹筋のストレッチの方法を紹介します。

スポンサーリンク

伸びているのを意識する筋肉

腹直筋
腹直筋
腹筋のストレッチで伸びる場所
腹部の筋肉

腹部(ミゾオチ〜恥骨あたり)が伸びるのを意識しましょう。

腹直筋の動作や解剖について詳しくははこちら

腹直筋(ふくちょくきん)の起始・停止と機能
腹直筋(ふくちょくきん)の起始・停止と機能、神経支配についてまとめています。

腹筋のストレッチの方法

腹筋のストレッチの方法

  1. 四つ這いの姿勢からお腹を前の方に垂らしてください。
  2. 腹部(ミゾオチ〜恥骨あたり)の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。
  • 腰を反ると痛みが出る場合は、肘付きの姿勢で行ってください。肘付きのポジションでも痛みが出るときは中止しましょう。

肘付き姿勢で行う腹筋のストレッチ

腹筋のストレッチの方法

さいごに

ストレッチを指導する際は、対象者が脊椎分離症などの腰痛の既往歴がないかを確認しましょう。
必ず腰を反ったときに痛みが出ないかを確認しながらストレッチしてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました