春のストレッチ個人指導スタートキャンペーン!

でんぐり返し姿勢で行う腰〜背中〜首(脊柱起立筋)のストレッチ

スポンサーリンク

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

ストレッチの強度
★★★

こんな人におすすめ
 腰の柔軟性向上,  腰の張り改善

*柔軟性の高い人向けのストレッチの方法です。
首に負担がかかる場合は中止しましょう。

でんぐり返し姿勢で行う腰(脊柱起立筋)のストレッチの方法

1.仰向けにねる

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

仰向けにねてください。

2. 手で腰を支えて脚を上げる

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

手で腰を支えて脚を上げます。

3. 脚を床の方に降ろす

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

脚を床の方に降ろして、つま先を床につける

4. 腰〜背中〜首の筋肉が伸びているところで10~15秒キープ

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

腰〜背中〜首の筋肉が心地よく伸びているところで10~15秒キープしてください。

呼吸は止めずに深呼吸を繰り返しましょう。

お尻ともも裏の筋肉もストレッチされます。

 

ストレッチのバリエーション

腰を支えている腕を床に降ろす、伸ばしている足の膝を曲げると、ストレッチの強度が高くなります。

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

でんぐり返し姿勢で行う脊柱起立筋のストレッチ

POINT

  • 腰を支えている手を離すと、背骨や首の負担が大きくなります。違和感や痛みが出たら直ぐに中止してください。
  • 背骨が一つ一つ丸まってしなるようなイメージでストレッチしましょう。

NG

  • 首や腰に違和感や痛みが出る場合は直ぐに中止しましょう。

脊柱起立筋の動作や解剖について詳しくはこちら

他の体幹のストレッチの方法