ストレッチ教室スタートアップキャンペーン!

リラックスできるポジションでストレッチしよう!もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法のまとめ

もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法のまとめ
もも前の大腿四頭筋は、立った姿勢や床に座った姿勢などいろいろなポジションでストレッチすることができます。
ストレッチをする人の年齢や柔軟性などの体力レベルに適したポジションでストレッチするとよいでしょう。

さまざまな姿勢で大腿四頭筋のストレッチを行うことができますが、大腿四頭筋をストレッチするときに注意する共通のポイントは下記の4点が挙げられます。

  1. 太ももの前面の筋肉が伸びているのを意識する。
  2. ひざを曲げたときに腰が反らないように注意する。
  3. ひざを曲げる動作(膝関節屈曲)と太ももを後ろに伸ばす動作(股関節伸展)をコントロールする。
  4. ひざ、足首、腰に負担がかかるときは中止するか強度を低いストレッチを行う。
スポンサーリンク

大腿四頭筋の場所

もも前の筋肉(大腿四頭筋)
もも前の筋肉(大腿四頭筋)

もも前のストレッチ

膝を曲げた方の脚の太ももの前面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの上から太ももの前面のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

大腿四頭筋の動作や解剖について詳しくははこちら

大腿四頭筋の起始と停止と機能

大腿四頭筋の起始と停止と機能
大腿四頭筋のストレッチでは、骨盤の前面から太ももの前面の筋肉を意識すること、膝を曲げる動作と股関節の伸展動作をコントロールすることが大切です。

もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法

立った姿勢で行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法

立った姿勢で行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法
立った姿勢で行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法を紹介しています。

もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法

もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法
もも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法と意識する動作や筋肉を紹介しています。

横向きにねた姿勢で行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法

横向きにねた姿勢で行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法
横向きにねた姿勢で行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法を紹介しています。

うつ伏せで行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法

うつ伏せで行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法
うつ伏せで行うもも前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチの方法を紹介しています。

さいごに

立った姿勢だとグラグラしてしまったり力んでしまう人は、床に座ったポジションでストレッチを行う。床に座ってひざ曲げるのが苦手な人は横向きにねた姿勢で、床に座れない外では立った姿勢でストレッチを行うなど、ストレッチする人の体力レベルやストレッチを行う環境でストレッチの方法を使い分けましょう。

ストレッチの方法
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ