仰向けの姿勢で骨盤を動かす運動

スポンサーリンク

仰向けの姿勢で行う骨盤の前傾と後傾

【運動の難易度】★★

骨盤の運動1

仰向けで両膝を曲げた姿勢から骨盤を動かします。
床から腰の背骨を離して腰を反らせた時に背筋(脊柱起立筋)に力が入ります。
床に腰の背骨を押し付けるようにして腰を丸めた時に下腹部(腹直筋下部)に力が入ります。

骨盤の動かし方を覚えてより効果的なストレッチができるようにしよう

骨盤の動かし方を覚えてより効果的なストレッチができるようにしよう
骨盤の動きを意識することで、より股関節の動作が強調することができ、ストレッチの効果を得ることができます。骨盤の前傾と後傾動作を学習して、ストレッチの際に骨盤をコントロールできるようにしていきましょう。

骨盤の前傾が苦手な場合はハムストリングスと殿筋をストレッチしましょう

骨盤の前傾と後傾は拮抗しています。
骨盤の後傾にはたらくハムストリングスや殿筋が硬いと骨盤が後傾しやすく、前傾をしにくくなります。
骨盤の前傾動作や腰を反る動作が小さい場合は、骨盤の後傾に働いているハムストリングとで殿筋をストレッチしましょう。

もも裏のストレッチ

床に座って行うもも裏のストレッチ2
【ストレッチの強度】★★
もも裏,前屈,床に座った姿勢,前屈

お尻の筋肉のストレッチ

お尻の筋肉のストレッチ1
【ストレッチの強度】★★
お尻,床に座った姿勢,前屈

骨盤の後傾が苦手な場合は腸腰筋と大腿直筋をストレッチしましょう

骨盤の前傾にはたらく腸腰筋や大腿直筋が硬いと骨盤が前傾しやすく、後傾をしにくくなります。
骨盤の後傾動作や腰を丸める動作が小さい場合は、骨盤の前傾に働いている腸腰筋と大腿直筋をストレッチしましょう。

大腿直筋・腸腰筋のストレッチ

骨盤の前〜もも前のストレッチ
【ストレッチの強度】★★★ もも前,片膝立ち,骨盤,もも前〜ソケイ部,

アグラの姿勢でも骨盤が動かせるように練習しましょう

アグラの姿勢で骨盤を動かす運動

アグラの姿勢で骨盤を動かす運動
【運動の難易度】★★★
骨盤,アグラ,床に座った姿勢,