ストレッチ教室は月2回3200円から
ストレッチ個人指導スタートアップキャンペーン!9/28まで

体の硬い方にも無理なく気持ち良く続けられるストレッチをご紹介しています。

詳しくはこちらから

内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法

内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチ
足の裏を合わせた姿勢から一方の脚を外に開き上体を倒します。内もも前の筋肉が伸びているところで15〜30秒キープします。

スポンサーリンク

伸びる筋肉

内ももの筋肉(内転筋群)
主に外に伸ばしている脚の内ももの筋肉(内転筋群)がストレッチされます。(膝を曲げている方の内転筋群がストレッチされる場合もあります。)

ストレッチの強度の調整

上体を曲げている脚の方へたおす

ストレッチの強度 

内ももの筋肉のストレッチ方法1/4

上体を正面の方へたおす

ストレッチの強度 ★★

内ももの筋肉のストレッチ方法2/4

上体を伸ばしている脚の方へたおす

ストレッチの強度 ★★★

内ももの筋肉のストレッチ方法3/4

上体を横にたおして体側の筋も伸ばす

ストレッチの強度 ★★★★

内ももの筋肉のストレッチ方法4/4
ストレッチの方法
スポンサーリンク
この記事を書いた人
鈴木和孝

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。お仕事の依頼はこちらから

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ボディ・モーション・ラボ
タイトルとURLをコピーしました