内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉

シェアしていただけたら嬉しいです

内もも(内転筋群)のストレッチ
膝立ちの姿勢から一方の脚を外に開いていきます。外に伸ばした脚の内もも前の筋肉が伸びているところで15〜30秒キープします。

伸びる筋肉

内ももの筋肉(内転筋群)
主に外に伸ばしている脚の内ももの筋肉(内転筋群)がストレッチされます。(膝を曲げている方の内転筋群がストレッチされる場合もあります。)

主に意識する動作

股関節を外に広げる動作 (股関節の外転)股関節を外に広げる動作
(股関節の外転)
膝を伸ばす動作(膝関節の伸展)膝を伸ばす動作
(膝関節の伸展)

このストレッチと逆の動作

股関節を内に閉じる動作 (股関節の内転)股関節を内に閉じる動作
(股関節の内転)
膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)膝を曲げる動作
(膝関節の屈曲)
スポンサーリンク
スポンサーリンク