毎日のストレッチで運動不足解消!気軽に行えるストレッチプログラムはこちらから

タオルを使ったもも裏(ハムストリングス)のストレッチの動画

スポンサーリンク
ストレッチ動画

もも裏(ハムストリングス)のストレッチを動画で紹介しています。

伸びているのを意識する筋肉

ハムストリングス
もも裏の筋肉(ハムストリングス)
【図は左大腿後面】

もも裏(ハムストリングス)のストレッチで伸びる場所

タオルを引っかけて上に挙げている脚の太ももの後面の部位が伸びるのを意識しましょう。
足首を曲げる動きを大きくすると、ふくらはぎの筋肉もストレッチされます。

タオルを使ったもも裏(ハムストリングス)のストレッチその1

最初の動画では、脚を90度の位置から110度ほど上げたところでキープしてストレッチしています。

タオルを使ったもも裏の筋肉ストレッチ方法1/2

タオルを使ったもも裏(ハムストリングス)のストレッチその2

次の動画では、タオルを引っかけた脚を90度から130度ほどのところでキープしてストレッチしています。
脚がこのくらいの角度上がる場合は、タオルを短く持つと脚を上げやすいです。

タオルを使ったもも裏の筋肉ストレッチ方法2/2

さいごに

バレエや新体操をやっていて体が柔らかい子どもだと、さらに脚が上がって180度上がるようになってきます。
タオルを引っかけている脚を上げて、下の脚が浮いてくる場合は、下の脚の腸腰筋と大腿直筋のストレッチを行うと脚が浮かなくなってきます。

■腸腰筋と大腿直筋のストレッチ

骨盤前〜もも前(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチ1
骨盤前〜太ももの前側(腸腰筋・大腿直筋)のストレッチの方法を紹介しています。

■こちらのページでは、イラストでストレッチを説明しています。

タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチ
タオルを使って行うもも裏(ハムストリングス)のストレッチの方法を紹介しています。