内ももの筋肉(内転筋群)のストレッチの方法と意識する動作と筋肉

FavoriteLoading自分のストレッチメニューに追加する

内もも(内転筋群)のストレッチ
仰向けで脚を壁に立てかけて脚の裏を合わせたアグラ姿勢をとり左右の脚を開きます。左右の内もも前の筋肉が伸びているところで15〜30秒キープします。

伸びる筋肉

内ももの筋肉(内転筋群)
左右の脚の内ももの筋肉(内転筋群)がストレッチされます。

主に意識する動作

股関節を外に広げる動作 (股関節の外転)股関節を外に広げる動作
(股関節の外転)
膝を曲げる動作(膝関節の屈曲)膝を曲げる動作
(膝関節の屈曲)

このストレッチと逆の動作

股関節を内に閉じる動作 (股関節の内転)股関節を内に閉じる動作
(股関節の内転)
膝を伸ばす動作(膝関節の伸展)膝を伸ばす動作
(膝関節の伸展)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
鈴木和孝
Body Motion Labでは解剖学とスポーツ医学、東洋医学をベースとしたストレッチ指導、メニュー作成などを行っています。 皆様の健康な体作りのお手伝いができれば幸いです。
鈴木和孝をフォローする
ストレッチの方法
スポンサーリンク
ボディ・モーション・ラボ