床に座って行うもも前のストレッチ(上級者向け)

スポンサーリンク

床で行うもも前のストレッチ

もも前の筋肉を意識してストレッチしましょう

もも前の筋肉(大腿四頭筋)
もも前の筋肉(大腿四頭筋)

もも前のストレッチ

ひざを曲げた方の脚の太ももの前面の部位が伸びるのを意識しましょう。
ひざの上から太ももの前面のラインが伸びているのを感じながらストレッチしていきます。

もも前のストレッチの方法

【ストレッチの強度】★★★

もも前の筋肉ストレッチ方法(肩を床につける)
  1. 片方のひざを曲げた姿勢から上体を後ろに傾け左右の肩を床に着けてください。
  2. 太ももの前面が伸びているところで10~15秒キープします。
  • ひざ、足首や腰に負担がかかってしまう場合は中止しましょう。
  • 腰が大きく反ってしまう、ひざが床から大きく浮いてしまう場合はストレッチの強度を下げましょう。

組み合わせると効果的なストレッチ

もも前と骨盤前面のストレッチ

骨盤の前〜もも前のストレッチ
【ストレッチの強度】★★★ もも前,片膝立ち,骨盤,もも前〜ソケイ部,

足の甲〜スネのストレッチ

正座の姿勢で行う足の甲〜スネのストレッチ2
【ストレッチの強度】★★★
足の甲〜スネ,足首,足首を伸ばす,正座,

このストレッチでまだ余裕があったらもう一方のひざを曲げましょう

もも前のストレッチの方法(上級者向け)

前後開脚を柔らかくしたい方にオススメのもも前のストレッチ(1)
【ストレッチの強度】★★★★ もも前,前後開脚,膝を曲げる,床に寝た姿勢

このストレッチの動作がきつい場合はこちら

上体を傾けていくと、腰が反りやすくなります。腰が反って負担肘がかかる場合は、肘着きのポジションでストレッチに戻しましょう。
ストレッチを続けていると、腰を反らさずに、ひざを曲げたまま仰向けになれるようになってきます。

床に座って行うもも前のストレッチ(中級者向け)

床に座って行うもも前のストレッチ(中級者向け)
床に座って行うもも前のストレッチの方法を動画で説明しています。中級者向けのストレッチの強度です。

もも前の筋肉のストレッチの強度の調整の方法

もも前の筋肉(大腿四頭筋)をより柔らかくして可動域を広げるストレッチの進め方

もも前の筋肉(大腿四頭筋)をより柔らかくして可動域を広げるストレッチの進め方
もも前の筋肉(大腿四頭筋)をより柔らかくして可動域を広げるストレッチの進め方を12段階で説明しています。