ストレッチ教室再開のお知らせ

ストレッチとスポーツ医学

スポンサーリンク
ストレッチとスポーツ医学

体の硬い人はストレッチを行うポジションを工夫して楽に行えるストレッチから始めましょう

自分がリラックスして行えるポジションでストレッチすることが重要です。立った姿勢、座った姿勢、仰向けに寝た姿勢などでのモモ裏のハムストリングスのストレッチを紹介しています。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチをやりっぱなしにしていませんか?きちんとストレッチ前後の柔軟性を評価しましょう

運動前後のストレッチは身体に良い、とされていますが、その効果をきちんと理解せずにやりっぱなしで終えている人が少なくありません。ストレッチには、筋肉の緊張緩和、関節の可動域の増大、血液循環の促進、スポーツ障害の予防などの効果があるといわれています。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチの種類

ストレッチの種類について説明しています。ストレッチには、スタティックストレッチ、ダイナミックストレッチ、バリスティックストレッチ、PNFストレッチなどの種類があります。
ストレッチとスポーツ医学

ストレッチの効果

ストレッチの効果について説明しています。ストレッチには筋肉の緊張緩和、関節可動域の増大、血液循環の促進、スポーツ障害の予防などの効果があります。
ストレッチと機能解剖学

ストレッチに役立つ解剖学/股関節

ストレッチに約立つ股関節の動作の機能解剖学を紹介しています。 股関節の動作と関節可動域を確認して効果的にストレッチできるようにしていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました